ブンデスリーガ第20節初日は2月6日に1試合が行われ、のシャルケは本拠でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と対戦し、後半戦2勝目を挙げた。内田はフル出場した。

シャルケ 1-0 ボルシアMG公式記録

上位同士の対決は10分に早くも先制点が生まれる。相手のミスからシャルケがゴール前でボールを奪い、いったん右サイドのボアテングへ。ボアテングが中央へ鋭いクロスを蹴り入れると、これに合わせて飛び込んだバルネッタが軽く流し込んで1-0とした。25分過ぎからはボルシアMGの反撃を受けるが、集中した守りを見せるシャルケは得点を許さない。38分、44分には追加点のチャンスを迎えるもゴールはならず。1-0後半は均衡した内容となり、どちらも決定的な形を作れずに時間が経過していく。69分、チュポモティングが中盤でボールをカットしエリア内へ持ち込むとゴール右へ折り返すが、飛び込んだボアテングがわずかにタイミングが合わない。直後にはカウンターからあわや失点かと思われたが、枠外シュートに救われる。終盤15分は攻撃を受けながらも堅い守備でゴールラインは割らせず、勝ち点3を手にした。