が所属するシャルケは1月31日(第18節)、とが所属するハノーファーに1-0で勝利し、後半戦を白星でスタートした。この試合をデータで振り返る。

  • シャルケは4年連続で後半戦の開始(新年初のリーグ戦)を勝利で飾っている

  • シャルケは直近のハノーファーとのホーム戦7試合のうち6勝しており、今回の勝利で4連勝となった

  • ハノーファーは直近のリーグ戦7試合でわずか1勝しかできていない

  • 今節の敗戦でハノーファーは7勝8敗3分となり、黒星が先行してしまった

  • シャルケのMFマーコ・ヘーガーは、2013年9月以来に得点を挙げた。リーグ通算7得点目となったゴールは、初めて左足から生まれた

  • DFクリスティアン・フックスはシャルケの中で81回と最多ボールタッチ数を記録。2位は内田で55回だった

  • マンチェスター・シティ(イングランド)からシャルケに期限付きで移籍したDFマティヤ・ナスタシッチがブンデスリーガデビューを果たした。この試合でベネディクト・ヘーベデス(90.32%)に次ぐ高いパス成功率(88.24%)を示した

  • ブンデスリーガで117試合に出場しているFWクラースヤン・フンテラーがレッドカードで一発退場となったのは初めてのこと。1試合に2度の警告で退場となったことは過去に一度ある

  • シャルケのGKファビアン・ギーファーにとってもシャルケでのデビュー戦となり、無失点で抑えた。

  • ハノーファーがノーゴールに終わったのは10月中旬の第8節ボルシアMG戦以来となる