ブンデスリーガ第18節最終日は2月1日に各地で下記の2試合が行われた。

ブレーメン 2-0 ヘルタ公式記録

とが所属するヘルタ・ベルリンは、敵地でブレーメンに敗れた。細貝は累積警告のためこの試合出場停止、原口はベンチ入りしたが出場機会はなかった。ヘルタは前半から攻め込まれ、苦戦を強いられる。序盤から立て続けにチャンスを作られ、守備に追われる展開となり、なかなか攻撃へ転じることができない。43分にはカウンターからついに失点し、先制を許す。後半に入っても流れは変わらず、守りを固めてカウンターから隙を狙うヘルタだが、一向に前へボールを運べない。69分には再びディサントにゴールを挙げられ、2点差とされてしまう。ここからもペースをつかむことはできず、後半戦初戦を白星で飾ることはできなかった。

原口の試合後インタビューへ

アウクスブルク 3-1 ホッフェンハイム公式記録

アウクスブルクは、前節終了時点で勝ち点1差だったホッフェンハイムを下して5位に浮上した。前半はきっ抗したゲーム展開となるが、39分、42分にアルティントップ、ウェアナーのゴールでアウクスブルクが2-0とする。45分にはフィルミーノに決められ1点を返されるが、後半リードを守り抜き、ロスタイムにも1点を追加すると快勝した。

第18節ゲーム写真へ