ドイツの公共放送ARDが1月25日、公式サイトで2014年の年間ベストゴール候補を発表し、が所属するシャルケFWクラースン・フンテラーが欧州チャンピオンズリーグ16強でのレアル・マドリード(スペイン)戦で決めたゴールがノミネートされた。

フンテラーは2014年2月26日に行われた1-6で敗れた同ゲームで、17mからの見事なボレーシュートを右隅に蹴り込んだ。このゴールは当時、ウェブサイト上や電話などの投票によって、38%の得票率で月間ベストゴールに選ばれた。

年間ベストゴールは、月間ベストゴール12本の中からから再度投票を実施して決定する。その他の候補にはバイエルンから4選手などが選出された。

年間ベストゴール12本の紹介動画へ