ドイツサッカーリーグ(DFL)は1月20日、リーグ戦が再開される第18節(1月30日〜2月1日)全試合のキックオフ前に、ウォルフスブルクの故ジュニオール・マランダに黙祷を捧げることを発表した。また、選手は任意で喪章を付けてプレーする。ベルギー出身のマランダは1月10日、交通事故により20歳の若さで命を落とした。