マインツに所属する具滋哲(ク・ジャチョル)が1月18日に行われた検査の結果、肘の靭帯を損傷していることが明らかになった。具は前日、アジアカップのグループステージで韓国代表としてオーストラリア戦に出場し、けがを負っていた。ドイツには帰国せず、韓国代表とともにこのまま開催地のオーストラリアに残る予定。復帰までの詳しい日数は分かっていないが、マインツのフェイスブックは「それほど長くはかからないだろう」と伝えている。

ブンデスリーガ、ブンデスリーガ2部からは13人の選手がアジアカップに出場しており、マインツは具、、朴柱昊(パク・チュホ/韓国代表)と最多3人の選手と同大会に送り出している。

韓国代表はグループステージを3戦3勝と首位で突破しており、22日にはウズベキスタン代表との準々決勝に臨む。