強化試合でブカレストに1-0

とのドルトムントは1月17日、合宿地ラ・マンガでことし2戦目となる強化試合に臨み、ブカレスト(ルーマニア)に1-0で勝った。13日の強化試合FCシオン(スイス)戦に続いて連勝となった。

ドルトムントは前半、インモービレやロイスを中心に得点の好機が4度もあったが、決めきれずスコアレスのまま前半が終了。後半は相手に攻め入られる時間もあったものの0-0で迎えた84分にブワシュチコフスキがこの日の決勝点となるゴールを決めてチームを勝利に導いた。なお、この試合でケールが肩を負傷、グロースクロイツも1対1でけがを負って途中交代となったがこの2選手の怪我の状態はまだ明らかにされていない。