バイエルン主将「欧州チャンピオンズリーグでもう一度優勝したい」

バイエルン・ミュンヘン所属でドイツ代表前主将のDFが、自身の引退時期について言及した。

ラームは、「バイエルンとの契約は2018年まで。その時には34歳になっている。引退するにはちょうどよい時期だと思う」とフランス紙レキップのインタビューに答えた。また、「体力の限界まで選手を続けるタイプではない」と付け加えている。

有名選手の中には晩年をアメリカやカタールなどのリーグで迎える選手もいるが、ラームは「そういうことは考えていない」とバイエルンのユニフォームのまま現役を退くことを主張。ただし、それまでに「欧州チャンピオンズリーグでもう一度優勝したい」という野望を抱えており、「今季、達成できると思う」とも話している。

11月18日の練習中に右足首を骨折したラームはチームのドーハ合宿には同行せず、リハビリを行っている。スポーツ担当取締役のマティアス・ザマー氏によると2月中旬には復帰の予定。