マランダの死を乗り越えて

ウォルフスブルクは1月12日、合宿地の南アフリカ・ヨハネスブルクに到着した。当初は10日夜に出発予定だったが、同日午後にジュニオール・マランダが交通事故で亡くなったため、出発を遅らせていた。クラウス・アロフス取締役(スポーツ担当)とディーター・ヘッキング監督は悲しい出来事が起こったが、合宿へ行くことは「正しい判断」であることを説明。チームはマランダに黙祷を捧げた後、練習を開始した。

アメリカのオーランドで合宿中のとが所属するケルンは、ランニング後にアメリカンフットボールを行った。

同じくオーランドで合宿を行っているレーバークーゼンは、DFティン・イェドバイが肉離れのため帰国することになった。