ウォルフスブルクの有望選手、二十歳の若さで

ウォルフスブルクに所属する(20)が1月10日、交通事故によって死亡した。チームはこの夜、合宿地の南アフリカへ出発予定だったが取り止めになった。本拠地のフォルクスワーゲン・アレーナには彼の死を悼んだファンが集まっている。

クラウス・アロフス取締役(スポーツ担当)は、「われわれはひどく狼狽している。あまりのことに言葉が出ない。彼は誰からも愛されていた。才能があって、明るい性格だった。ジュニオールは優れたサッカー選手であり、また、これからの成長が楽しみな選手だった。彼がもうチームに戻って来ないなんて信じられない。ご家族の皆さまにお悔やみを申し上げる」とコメントしてる。

ベルギー出身のマランダは2014年1月にウォルフスブルクに加入。今季は10試合に出場し、2アシストをマークしていた。