ボアテング「後半戦に向けてしっかりと準備したい」

前半戦を首位で折り返したバイエルン・ミュンヘンが1月9日、合宿地のドーハ・カタールへ出発した。選手26人を乗せた飛行機は15時に現地に到着。負傷中のDFフィリップ・ラームとMFティアゴ・アルカンタラが同行しない代わりに、ユース所属のミヒャエル・エバーワインとマーコ・ヒンゲルが加わっている。

DFジェローム・ボアテングは、「みんな合宿を楽しみにしている。後半戦に向けてしっかりと準備したい」とコメント。スポーツディレクターのマティアス・ザマー氏は、「後半戦最初のウォルフスブルク戦は簡単にはいかないだろう。だからこそ、集中してよい準備をしたい」と気を引き締めている。

移動中の選手たちはとても良い雰囲気で、各自がその様子をSNSサイトに投稿している。