ドナウスタウフでひざの治療に専念

1月5日、シャルケはDFがひざの治療に専念するため、6日から16日までドーハ(カタール)で行われるチーム合宿への同行を断念したと発表した。

内田は合宿期間中、ドナウスタウフ(バイエルン地方)で個別プログラムをこなす。また、負傷中のヤン・キルヒホフ、ジョエル・マティプ、セアド・コラジナッチ、ユリアン・ドラクスラー、ジェファーソン・ファルファン、シネドゥ・オバジの6選手もゲルゼンキルヘンに残ってリハビリを続ける。マキシム・チュポモティングはカメルーン代表としてアフリカ杯への準備のために不参加となる。