ハノーファーHPのインタビュー

とのハノーファーは1月5日、HPに清武のインタビューを掲載した。内容は下記の通り。


――2015年はアジア杯で始まりますが、どのような結果を期待してオーストラリアに行きますか。

清武 日本がアジア杯に参加できることは光栄ですし、栄誉なことです。日本代表チームはとてもモチベーションが高いですし、試合に勝つためにベストを尽くすつもりです。良い準備ができましたし、昨年のW杯ブラジル大会でよりも良いプレーをして良い結果を残したいです。予選敗退はとても辛かったです。

――どこまで行けるでしょうか。

清武 グループ予選ではヨルダン、イラクとパレスチナと対戦します。どのチームが予選を通過してもおかしくないです。まずは予選を勝ち抜きたいです。

――チームでの役割はどのようですか。

清武 試合に勝つために自分のできることをしたいです。日本代表としてこういう大きな大会に出場するというのは大きな責任が伴うと思います。全員がベストを尽くすつもりです。プレーさせてもらえれば嬉しいです。でも監督がどんな策を練っているかはわかりません。監督が自分を必要とすれば、準備はできています。

――クラブの話しになりますが、リーグ前半戦は満足でしたか。

清武 自分は常に上を狙っていますし、常にもっと上に行きたいんです。もう何点かの勝ち点をとれていれば、順位ももう少し上だったでしょう。これは後半戦での目標でもあります。でも全体的には夏にハノーファーに移籍してから満足です。この街もクラブも大きくて好きです。温かく迎え入れてもらって、本当に感謝しています。クラブもファンもこの街に馴染むのを助けてくれました。まだまだ達成できることはあると思います。とても質の高いチームですから。

――どんな試合が頭に残りましたか。

清武 やはりドルトムントで1-0で勝った試合ですね。3連敗した後でしたし、自分もゴールを決めたので。ベルリンで2-0で勝った試合も良い試合でした。でもホームでのシャルケ戦で途中出場して初出場したときにはファンの温かい歓迎ぶりに感動しました。しかも、負けていたのに逆転できましたから。

――酒井宏樹選手とは特に仲が良いようですね。酒井選手は残念ながらアジア杯への代表に選出されませんでした。

清武 本当に残念です。宏樹は最近の大きな大会ではずっと代表で、2012年ロンドンオリンピック、2013年コンフェデ杯、2014年W杯ブラジル大会にも行きましたから。宏樹は良い友人で、ハノーファーに来てすぐの頃、街を案内してくれましたし、色々と助けてくれました。本当にありがたいです。彼にはこの1月に第一子が生まれるんです。宏樹と奥さんにとってすべて上手くいくように、健康な子供が生まれるようにと願っています。子供は人生を豊かにしてくれます、これは自分の経験からそう思うんです。子供は親にとって授かりものですからね。