今週はブンデスリーガ再開に向け、すべてのクラブが始動する。1月5日から1月11日までの動きを紹介する。

この日始動するチームが最も多く、とのアイントラハト・フランクフルト、のシャルケ、とのハノーファー、とが所属するヘルタ・ベルリン、のマインツ、とが所属する、など12のクラブが後半戦へ向けての準備をスタートさせる。長谷部、乾、清武、岡崎はアジア杯出場のため不在。フランクフルトはこの日に予定していた公開練習を中止としている。

とのドルトムントが始動する。クロップ監督指揮下で最悪の成績で前半戦を終え、後半戦で巻き返しを図る。香川はアジア杯出場のため、不在となる。

王者バイエルンアウクスブルクホッフェンハイムフライブルクの4クラブが始動。バイエルンは9日から17日までドーハ(カタール)での合宿を行う。

とが所属するはオーランド(アメリカ)での合宿に出発する。18日までの予定で、15日と17日にブラジルのチームとの強化試合が予定されている。

シャルケが合宿地ドーハ(カタール)でことし初となる練習試合アヤックス(オランダ)戦に臨む。