独サイトのファン投票で選ぶ前半戦ベストFW

12月29日、ブンデスリーガ公式サイトドイツ語版は、ブンデスリーガ前半戦で活躍したFWのファン投票結果を発表した。マインツのがシャルケのクラースヤン・フンテラーと並んで5位にランクイン(4%)。岡崎は今季8ゴールを挙げて得点ランキング4位タイとなっている。

1位に選ばれたのは13ゴールをマークして同ランキングトップを走るアイントラハト・フランクフルトのアレクサンダー・マイヤーで48%を獲得。2位以下は、バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキ(23%)、シャルケのマキシム・チュポモティング(16%)、フランクフルトのハリス・セフェロビッチ(5%)となっている。

ファン投票結果(ドイツ語)のページへ