ブンデスリーガからは6選手が日本代表に選出

日本サッカー協会は12月28日、2015年1月にオーストラリアで行われるアジア杯のため、日本代表に選出されていたシャルケ所属のがアジア杯を欠場することを発表した。

ブンデスリーガからは香川真司(ドルトムント)、酒井高徳(シュトゥットガルト)、長谷部誠、乾貴士(共にフランクフルト)、清武弘嗣(ハノーファー)、岡崎慎司(マインツ)の6名が日本代表としてアジア杯に臨むことになる。グループDの日本代表は1月12日からヨルダン、イラク、パレスチナ各国と戦う。