ことし4月までニュルンベルクを指揮

が所属するボーフムは12月21日、ヘルトヤン・フェルベーク氏(52)の指揮官就任を明らかにした。

ボーフムは今季、好調な滑り出しを見せたものの、一時期の首位から前半戦終盤はズルズルと順位を落とし、今月9日にペーター・ノイルーラー氏の監督解任に踏み切った。ここ3試合はアシスタントコーチを務めていたフランク・ハイネマン暫定監督の下で戦い、この日本拠で行われた第19節アウエ戦では1点ビハインドの90分に追いつき、3分の戦績としている。

フェルベーク新監督は、昨季指揮を執っていたニュルンベルクを、成績不振のためシーズン中のことし4月に解任された。この日はボーフムの戦いぶりをスタンドから見守った。就任会見はあす22日の昼から行われる予定となっている。