第17節マインツ対バイエルン試合後インタビュー

の所属するマインツは12月19日に行われたブンデスリーガ前半戦最終戦第17節でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、逆転負けを喫した。試合後、先制点をアシストした岡崎がインタビューに答えた。

――きょうのプランは?

岡崎 僕は守備だけしようと思っていましたね。最初に1トップをして、最初の10分くらいでパブロ(デブラシス)と(ポジションを)交代する感じだったので。それで右サイドをやって。バイエルン仕様じゃないけど。ここのところはサイドでうまく守備できる選手がいなかったので、間を閉めたり、サイドにいったらプレッシャーをかけるというか。意識的には8対2くらいで守備で、2で点を取ろうと思っていたので。まあチャンスはなかったですけど、きょうは割り切ろうと思っていましたね、正直。

――アシストのシーンのプレーのイメージは?

岡崎 あそこではジャチョルも入っていたし、ファーにもみんな結構入っていたので、これしかないなと思ってパスを出して。ノイアーが出てくるかなと思ったんですけど、意外に止まったので、良かったですね、あのボールは。

――前半戦を総括して。

岡崎 チームに左右されずに自分はゴール取るっていうのができてきてると思うんで、自信にはなってると思います。チームを点を取ることでうまく生かすっていうのは昨年できていたと思うんですけど、点が取れない時に、どうやってチームをうまく生かして、自分が点取れるようにチーム状態を持っていけるかっていうか。チームを動かすっていうのはすごく難しいことだと思うんですけど、それができるようになったらまた一歩成長なのかなあと思います。

――短い間でケルン戦みたいな試合やきょうみたいな試合もあって。精神的にも行ったり来たりというか。

岡崎 我慢の前半戦だったかなって感じですね。前半戦の後半はずっと、個人的にもチャンスが少なくて、我慢してたなあって感じがします。ただ、自分がけがすることなくできたことは、すごく良かったと思います。

マインツ対バイエルンの試合記事へ