第17節レーバークーゼン対フランクフルト定例会見と先発予想

12月20日に行われるブンデスリーガ第17節2日目、とのアイントラハト・フランクフルトは第14節ブレーメン戦で5-2と大勝したものの、ここ2戦は勝ちなし。今節は敵地で上位レーバークーゼンとの対戦。今季序盤から上位を保持する相手を下すのは至難の業と言えるが失点を抑えてなんとか敗戦だけは避けたいところだ。

フランクフルトのトーマス・シャーフ監督は定例会見で、「チームがほぼ安定しかかったところで欠場する選手がいて残念だ。でも明日プレーする選手もチームをしっかり支えてくれると信じている。レーバークーゼンはトップチームで攻撃的なサッカーをする。とても楽しみ」と意気込みを語った。

また、レーバークーゼンのロガー・シュミット監督は、「ボールを奪ったらすぐに攻撃に切り替えてカウンターで攻めるというスタイルでの良い戦いになるだろう。フランクフルトは攻撃力がある。しかもしっかりと守備をして常に集中しているのでチャンスを見逃さずに攻めて来るだろう。うちのチームの調子は良いし、ことし最後のホームでもう一度力を出し切りたい」とコメントしている。

フランクフルト

先発予想 GKヒルデブラント - チャンドラー、マードルンク、アンデルソン、オチプカ - 長谷部、ピアソン、ステンレラ、乾 - セフェロビッチ、マイヤー

欠場者 アイクナー(イエロー累積)、ルス(負傷)、ジャクパ(十字じじん帯損傷)、ローゼンタール(調整中)、サンブラーノ(外側側副じん帯手術)、バルデス(十字じん帯損傷)、ワルトシュミット(そ径手術)、ビートバルト(急性感染症)

レーバークーゼン

先発予想 GKレノ - イェドバイ、スパヒッチ、トプラク、ウェンデル - ベンダー、カストロ、ベララビ、ジャルハノーウル、孫(ソン) - キースリング

欠場者 ドナティ(肩の負傷)、パパドプロス(調整中)、ライナーツ(目の負傷)、クルーズ(筋肉負傷)