バイエルン、第16節を終えてわずか3失点

12月16日のブンデスリーガ第16節で、バイエルン・ミュンヘンは本拠でフライブルクを2-0で下した。この試合をデータで振り返る。

  • バイエルンはこの日の勝利で前半戦の全てのホームゲームで勝利を納めた。昨季に引き続き、2季連続での快挙

  • グアルディオラ監督下でのリーグ50戦中42勝2敗6分

  • フライブルクはバイエルンでのアウェーゲームは12連敗

  • この試合でバイエルンのボール保持率76%、シュート数31はそれぞれ今季のベスト記録

  • この試合のファウル数は8で1992年に記録がつけられ始めてから最少記録。フライブルクのファウルはたったの3つだった

  • バイエルンのラフィーニャは出場時間1106分間連続で失点がない

  • フライブルクのGKローマン・ビュルキは11本のシュートを跳ね返した

  • バイエルンのアリエン・ロッベンはボールタッチ数116、シュート数8、1対1の勝率は79%。さらに今季初めてヘッドで得点した

  • バイエルンは第16節を終えて3失点。これはブンデスリーガ新記録

  • フライブルクのクリストファー・ジュリアン(仏国籍)は2013年7月1日からフライブルクに所属しているが、この試合で初めて試合に出場した