土壇場90分に同点弾 本拠でアウエと1-1

ブンデスリーガ2部第19節3日目は12月21日に各地で3試合が行われ、のボーフムは本拠でアウエと対戦し、0-1で迎えた土壇場90分に追いつき引き分けた。田坂は左MFで先発し、63分までプレーした。

ボーフム 0-1 アウエ公式記録

監督交代後の2試合はいずれもスコアレスドローに終わっているボーフム。年内最終戦となるこの試合で勝利を挙げたいところだが、前半からアウエに押される展開を強いられる。10分、ロシアのクロスに合わせてテロッデが絶好機を迎えるが、15mから枠を外し先制はならない。田坂も15分、17分とゴールを狙うが、いずれもGK、DFに防がれる。チャンスに決められないまま迎えた33分には、FKからのこぼれ球を押し込まれて先制点を奪われてしまう。0-1の後半も好機は作るものの枠を捉えられない。逆に攻め込まれ危ない場面を何度も迎え、GKエッサーのファインセーブなどで追加点は許さない。90分にはワイスが値千金の同点弾を決め、土壇場で追いつくと勝ち点1をもぎ取った。