第16節ハノーファー対アウクスブルク試合後コメント集

12月16日のブンデスリーガ第16節で、とのハノーファーは本拠にアウクスブルクを迎え、2-0で勝った。以下に試合後のコメントを紹介。

タイフン・コルクト監督(ハノーファー) 相手がテンポの速いサッカーをすることは分かっていたし、難しい試合だった。最初のアウクスブルクの好機ではあわや失点となったが、最後にはここ数試合と違って報われる結果となった。ウィンターブレイクに入る前の最終戦でも勝ち点を取りたい。

マークス・ワインツィアル監督(アウクスブルク) うちは最初に絶好機をつかんだ。そこで1-0にできていれば、試合は違った流れになっていただろう。PKに関しては理解できないし、0-2にされて非常に厳しくなってしまった。


ハノーファー対アウクスブルクの試合記事へ
ケルン対マインツの試合記事へ
第16節初日試合結果一覧へ
ハンブルク対シュトゥットガルト試合後コメント集へ