敵地でケルンとスコアレスドロー

ブンデスリーガ第16節初日は12月16日に各地で4試合が行われ、 が所属するマインツは敵地でとのケルンと無得点で引き分け、8戦連続未勝利となった。岡崎はFWでフル出場した。大迫はベンチ入りしたが出場機会はなく、長澤はベンチ外となった。

ケルン 0-0 マインツ公式記録

ここ7試合白星に恵まれていないマインツは、順位の並ぶケルンとの一戦で立ち上がりから積極的に仕掛けていく。最初の絶好機は13分、CKからディアスが頭で合わせるが惜しくも好反応を見せたGKにはじかれる。両チームともゴールを狙って攻め込むが、前半は決定機を作れないまま終了。後半はどちらもミスが多く、61分にケルン、62分にマインツが前の選手を入れ替え打開を図る。70分過ぎからは試合のテンポが増し、75分には岡崎が枠直撃シュート。激しい攻防が続き、終盤に差し掛かるとケルンが立て続けに好機を迎えるが、マインツ守護神カリウスがファインセーブを連発する。ロスタイムにはマインツが得点機を作り出したが、ゴールは生まれずに試合終了となった。

ハノーファー対アウクスブルクの試合記事へ
ハノーファー対アウクスブルクの試合後コメント集へ
第16節初日試合結果一覧へ
ハンブルク対シュトゥットガルト試合後コメント集へ