第15節ヘルタ・ベルリン対ドルトムントをデータで振り返る

12月13日のブンデスリーガ第15節で、とが所属するヘルタ・ベルリンはホームでとが所属するドルトムントに1-0で勝利した。この試合をデータで振り返る。

  • ヘルタは2007/08シーズン以来、7年ぶりにホームでドルトムントに勝利した

  • ドルトムントは今季、欧州チャンピオンズリーグ直後のブンデスリーガ(6試合)で5敗している

  • ドルトムントはアウェー戦で7試合未勝利(6敗1分)。ユルゲン・クロップ監督の下でこれほど長くアウェーで勝てなかったことはない

  • ドルトムントの過去3シーズンの同時期(第15節まで)の敗戦数を合わせてもわずか7敗だが、今季はアウェー戦だけで6敗している

  • ドルトムントがユルゲン・クロップ監督の指揮下でこれほど負けを重ねるのは2009/10年シーズン以来。しかも、そのシーズンの敗戦数(9)とすでに並んでいる

  • この試合で決勝ゴールを決めたFWユリアン・シーバーは今季、ドルトムントからヘルタへ移籍。すでに5得点を挙げており、ドルトムントに新加入したアドリアン・ラモス(昨季までヘルタでプレー)とチーロ・インモービレの両FWの合計ゴール数より上回っている(それぞれ2得点)

  • シーバーは古巣相手に放った唯一のシュートを得点につなげた

  • ヘルタのDFジョンアンソニー・ブルックスは、1対1の競り合いでこの試合で最も高い77%の勝率をマーク

  • ヘルタのGKトーマス・クラフトがドルトムントの最初のシュートをブロックしたのは試合開始から65分。その後も4本のシュートをきっちり防いで、勝利に貢献した

  • ドルトムントのMFヤクブ・ブワシュチコフスキは322日ぶりにブンデスリーガに復帰。また、MFヌリ・シャヒンも今季初出場を果たした