大迫、ケルンの選手が小児病院へお見舞い

とが所属するの選手らが12月10日、ケルン市内にある小児病院を訪れた。選手たちは病気の子供たちと交流したり、持参したプレゼントを配ったりした。

シュテーガー監督は、「子供達の笑顔を見られるし、クリスマスプレゼントを直接渡せることも嬉しい。選手にとっても特別な日。もちろん病気の子供に会うのは悲しい瞬間でもあるけど、それ以上に得られるものがある。みんなが参加したい、逃したくないと思っている予定の一つ」と話す。また、長澤も自身のツイッターで「選手として何ができるかをもっと考えなくてはいけないと感じました」とコメントしている。