ブンデスリーガ第15節初日、ホッフェンハイム戦の見どころ

ブンデスリーガは折り返し地点となるウィンターブレイクまで残り3節。第15節は12月12日、とが所属するアイントラハト・フランクフルトホッフェンハイムの一戦で幕を開ける。

ホッフェンハイム - フランクフルト

フランクフルトは現在3連勝で波に乗っている。前節ブレーメン戦(5-2)では、5点目のアシストをするなど活躍した乾が同節(第14節)のベストイレブンに選出された。また、 MFマイヤーはこの試合で2ゴールを挙げ、今季通算10得点で得点王に躍り出ている。長谷部は「勢いを持って残り3試合いけると思うので、上を見てやっていきたい」とコメントするなど、現在7位の順位を少しでも上げて、前半戦を良い形で締めくくりたいところ。8位のホッフェンハイムは第9節までは負けなしだったが、直近の5試合で4敗と調子を落としている。 前節は当時最下位に位置していたドルトムントに苦杯をなめた。両チームはこれまでブンデスリーガで10戦を交えており、ホッフェンハイムが5勝2敗3分と勝ち越している。フランクフルトはGKビートバルトが急性感染症のため欠場となり、第3GKのヒルデブラントが今季初先発の予定。ボランチの長谷部を中心に失点につながるピンチを防ぎ、得点王マイヤーのさらなるゴールで勝利を重ねたい。

シャーフ監督(フランクフルト)試合前定例会見コメント もちろんきょうのトレーニングの様子を見てからだが、あすの試合はティモ(ヒルデブラント)がGKの第一候補だ。彼は良いトレーニングを積んでいるし、彼のパフォーマンスに疑いはない。そして重要なことは、あすわれわれが、われわれの持つクオリティを出せるように仕事をすることだ。しかしホッフェンハイムも充実した選手層を誇り、攻撃に秀でている。難しいミッションになるだろう。

先発予想

ホッフェンハイム
GKバウマン - ベック、ズューレ、ビチャクチッチ、金(キム) - シュベークラー、ポランスキ、フォラント、フィルミーノ、ルディ - ソロイ

フランクフルト
GKヒルデブラント - チャンドラー、ルス、アンデルソン、オチプカ - 長谷部、アイクナー、乾、ステンデラ - マイヤー、セフェロビッチ