定例会見コメントと先発予想

とのドルトムントは第13節、とが所属するアイントラハト・フランクフルトに0-2で敗れ、リーグ最下位に転落した。12月5日に行われる第14節では、ホームでホッフェンハイムと対戦する。リーグ5回の優勝を誇るドルトムントがこのまま残留争いをするわけにはいかない。

クロップ監督は試合前の定例会見で「ホッフェンハイムは良いサッカーをするチームだ。相手を分析して試合に臨むが、大事なのは相手ではなく自分たちが何をするかだ。何かがうまくいかないとき、サッカー選手には失望が付きものだ。残留争いでは7つのチャンスをつかむのではなく、一つのチャンスをものにすればよい。最高のプレーをするのではなく、結果を出せばよいのだ。守備に集中し、攻撃でチャンスをつくりたい」とコメントした。

欠場者 ロイス(右足首外側じん帯損傷)、池東ウォン(半月板損傷)、ソクラティス(腓骨骨折)

先発予想 バイデンフェラー ー ピシュチェク、ズボティッチ、フメルス、シュメルツァー ー ベンダー、ケール、ミキタリヤン、香川、グロースクロイツ ー オバメヤン