CLグループリーグ最終節ドルトムント対アンデルレヒト前日会見

あす12月9日に欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ(GL)最終節で、とのドルトムントはアンデルレヒト(ベルギー)戦に臨む。すでに決勝トーナメント進出は確定しているが、チームは首位通過を狙う。12月8日に行われた前日会見にはユルゲン・クロップ監督とDFマーセル・シュメルツァーが出席した。以下にコメントを紹介する。

クロップ監督 アンデルレヒトはとても才能に恵まれたチームで、プレッシャーを感じることなくプレーしている。何が起こってもおかしくはない。彼らとの第1戦も楽な試合ではまったくなかった。うちはいい時間帯に得点したことが好結果につながっただけだ。あすのゲームも簡単ではないだろうが、われわれの成長にとってはとても大きな価値のある試合だ。グループ首位がかかっており、ここまで1位でやってきたが、それをキープしたい。

シュメルツァー 1位でグループリーグ通過することは、僕たちにとってとても重要なこと。そうすれば決勝トーナメントでは各グループ首位のクラブではなく、2位のチームと当たることになる。アンデルレヒトとの初戦は簡単な試合ではなかった。うちはチャンスをきっちりとものにし、カウンターがうまくいっただけ。