カールスルーエ、ブラウンシュバイク下し7戦無敗

ブンデスリーガ2部第16節3日目は12月7日に各地で3試合が行われ、のカールスルーエは本拠でブラウンシュバイクと対戦し、1-0で勝利を収めて7戦無敗とした。山田は左MFでフル出場し、39分にトーレスの決勝点となった先制ゴールをアシストした。

カールスルーエ 1-0 ブラウンシュバイク公式記録

序盤からゲームをコントロールするカールスルーエは7分、ゴール前に飛び出した山田が右クロスに合わせてネットを揺らすが、一つ前のプレーにオフサイドの判定。山田は10分にも、3人に寄せられながら個人技で持ち込むと鋭い角度からシュートを放つも、GK正面を突いてはじかれる。流れをつかんだまま迎えた39分、待望の先制に成功。エリア左でヘニングスが競り合ったこぼれ球を拾った山田が相手をかわしながらゴール正面へマイナスのスルーパス。これをトーレスが1トラップから体を反転させて右隅に流し込んだ。1-0の後半は守備的ながらもしっかりとペースを握ったまま試合を進める。70分にはカウンターからピンチを迎えるが、守護神オーリスハウゼンの連続ファインセーブで得点を許さない。終盤も安定したパフォーマンスで守り切り、本拠連勝となった。