第13節シャルケ対マインツ 試合後のコメント

11月29日に行われたブンデスリーガ第13節でのシャルケは本拠でのマインツに4-1で快勝した。下記に試合後のコメントを紹介する。

ロベルト・ディ・マッテオ監督(シャルケ) 良いチームプレーを見せて勝てた。前半はいいサッカーをしてゴールを奪った。後半はポジションの変更があったがうまく守備ができたし、攻撃にも行けた。前節ウォルフスブルク戦で 自分たちのプレースタイルを見つけられた。チームとしての勝利だし、チェルシーに大敗した後で最高の出来と言える。

カスパー・ヒュルマンド監督(マインツ) この結果は大変残念なもの。試合前は良い予感がしていたが、守備が良くなかった。4失点というのは多すぎる。これは満足できる結果ではない。それでもしっかりと前を向くことが大事、来週も大事な試合があるからね。しかしきょうのプレーには満足できない。

クラースヤン・フンテラー(シャルケ) とてもいい試合だった。これまでよりも勝ちたいという意志とチームのために走る姿勢が見て取れた。うちは1対1でも強いし、これは勝利への基本だね。チームとして前へ進もうとしたし、それができた。前へ前へ行って、攻撃的だった。これがうまくいくと、ゴールを決めることができる。マインツの守備の隙を見つけて、こちらのゴールからは遠ざけておくことができた。自分たちは冷静にゴールを決められたしね。

マキシム・チュポモティング(シャルケ) 結果は素晴らしい。とても楽しかった。監督の指示通り事が運んだし、うまくできたと思う。いい結果でこの週を終える事ができていい気分だ。ファンにいい試合ができると見せたかった。僕らはチームの質が高いとわかっているからね。

マックス・マイヤー(シャルケ) 試合の入りが良かった。前方へのプレッシャーとパワーがあった。早いうちにマインツを攻めた。早いうちの得点がよかった。サポーターも皆、 壁みたいに僕らの後ろについていた。個人的には最初から試合に出られて嬉しかった。自分のプレーはまあまあ、次の試合でもっと活躍したい。2-0の場面は少しラッキーだった。ボールを入れたとき、誰かいるだろうと思った。フンテラーが決めてくれて良かったし、嬉しい。後半逆の場面があったけど、決められなくて残念だった。

シャルケ対マインツの試合記事へ
第13節2日目結果一覧へ