FIFA年間ベストイレブンFW部門候補者15名発表

国際サッカー連盟(FIFA)は12月1日、FIFA/FIFPro年間ベストイレブンのFW部門候補者15名を発表した。ブンデスリーガからはロベルト・レバンドフスキらバイエルン・ミュンヘン所属4選手およびドルトムントのマーコ・ロイスがノミネートされている。

FW部門候補者:

セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン国籍 マンチェスター・シティ/イングランド)
ガレス・ベイル(ウェールズ国籍 レアル・マドリード/スペイン)
カリム・ベンゼマ(フランス国籍 レアル・マドリード/スペイン)
ジエゴ・コスタ(スペイン国籍 チェルシー/イングランド)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル国籍 レアル・マドリード/スペイン)
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン国籍 パリ・サンジェルマン/フランス)
ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド国籍 バイエルン/ドイツ)
リオネル・メッシ(アルゼンチン国籍 バルセロナ/スペイン)
トーマス・ミュラー(ドイツ国籍 バイエルン/ドイツ)
ネマール(ブラジル国籍 バルセロナ/スペイン)
マーコ・ロイス(ドイツ国籍 ドルトムント/ドイツ)
アリエン・ロツベン(オランダ国籍 バイエルン/ドイツ)
フランク・リベリ(フランス国籍 バイエルン/ドイツ)
ウェイン・ルーニー(イングランド国籍 マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ルイス・スアレス(ウルグアイ国籍 バルセロナ/スペイン)