内田はフル出場、岡崎は1得点

ブンデスリーガ第13節2日目は11月29日、各地で6試合が行われ、のシャルケはホームでのマインツに4-1で勝った。内田は右SBでフル出場した。岡崎もフル出場、44分に今季7点目となるゴールを決めた。

シャルケ 4-1 マインツ公式記録

序盤からシャルケがテンポ良く攻め上がる。内田も積極的に攻撃に参加しボールを受け渡ししながらサイドを駆け上がる。8分、岡崎がゴール前に飛び出るもここはGKに先にボールを奪われる。試合が動いたのは9分、内田が中央ライン手前から長めのクロス、これをチュポモティングが頭で伸ばしてフンテラーが決めて先制する。25分、フンテラーがシャルケで100得点目となるゴールを決め点差を広げる。この後シャルケはペースを落とす。44分、ゴール前でのこぼれ球を岡崎に決められ2-1でハーフタイムへ突入する。49分、岡崎にゴール前に運ばれるが、内田が落ち着いてブロックして行く手を阻む。54分、後半から出場したバルネッタが20mの地点から強烈なシュートを決め、再び点差を広げる。さらに61分、フンテラーがこの日3ゴール目を奪って4-1と試合を決定づける。マインツは岡崎を中心に反撃を繰り返すが、最後まで追加点が奪えなかった。結局シャルケが4-1でマインツを下し連勝となった。

ホッフェンハイム対ハノーファーの試合記事へ
第13節2日目結果一覧へ