ELグループリーグ第5節 ウォルフスブルクは本拠で敗戦

UEFA欧州リーグ(EL)グループリーグ第5節は11月27日に欧州各地で行われた。ウォルフスブルクは本拠地でエバートンFC(イングランド)に0-2で敗れ、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は敵地でビジャレアルCF(スペイン)に2-2で引き分けた。

ウォルフスブルク 0-2 エバートン

勝ってグループリーグ通過を確実なものにしたいウォルフスブルクは序盤からテンポ良く攻め上がる。完全に試合をコントロールしていたものの絶好機に決めきれず、逆に43分、相手にカウンターからの先制点を許す。後半も好調に試合を進めるが得点だけは奪うことができない歯がゆい展開となる。サイドを使って攻め上がり、ペリシッチ、ベントナー、デブロイネを中心に好機を演出する。しかし75分にも失点し、ここで選手交代で打開策を打つが効果がないまま試合終了となった。

ビジャレアル 2-2 ボルシアMG

試合にうまく入れなかったボルシアMGは前半、苦戦を強いられる。自分たちのペースを取り戻せないまま26分に失点し、前半を0-1で折り返す。しかし後半は立ち直り、徐々に勢いを取り戻す。55分、ラファエルが30mの地点から強烈なシュートを放つ。ボールはGKの手にかかりながらもゴールに吸い込まれて同点となる。63分に失点し再び相手にリードを許すが、67分、チャカがFKを直接決めて2-2と試合をふりだしに戻す。82分、ヘアマンが右からゴール前に運び素早く打ったシュートは惜しくもゴール枠に阻まれる。結局この後は点を奪えず、勝ち点を分けた。