酒井高徳のシュトゥットガルト、アウェーでフライブルクと対戦

ブンデスリーガ第13節初日は11月28日、の所属するシュトゥットガルトが、敵地でフライブルクと対戦する。

フライブルク - シュトゥットガルト

11月24日、「私がいなくなったほうがチームにとって良い」との言葉を残し、フェー前監督は就任から半年未満でシュトゥットガルトから去っていった。後任に選ばれたのは、昨シーズン終盤で同クラブを残留争いから救ったステフェンス氏。2部へ降格した1974/75シーズン以来では最低の成績を記録している彼らにとって、昨季の危機的状況を知る同氏の就任は心強いが、話はそう簡単ではなさそうだ。現在最下位のシュトゥットガルトは同クラブ史上ワーストタイの3試合連続無得点中で、さらに失点を0で終えた試合も今季はこれまでたったの1試合。ステフェンス新監督も「前回(昨季終盤)よりも難しい」と、自身に課せられたミッションが困難であることを認めている。ただし、今節対戦するフライブルクとの相性は決して悪くなく、昨季はシュトゥットガルトが2勝しており、過去5シーズンでも同クラブが7勝3敗と勝ち越している。ここ最近の公式戦4試合で3勝1分と好調をキープしているフライブルクを相手に、どのような戦いを見せるのか注目だ。

スコア速報(日本時間28日28時30分開始)