バイエルンMFシュバインシュタイガー、今節ベンチ入り

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督は11月21日、試合前定例会見にて、MFバスティアン・シュバインシュタイガー(30)が22日の第12節ホッフェンハイム戦で132日ぶりにメンバー入りすることを明らかにした。

グアルディオラ監督は「バスティアンは調子が良く、ベンチ入りする。いいニュースだ。メンバー入りする選手が1人増えた。先発させるかどうかは分からないが、うちは特に中央のポジションに負傷者が多い」と、先発起用に関しては明言を避けた。バイエルンは負傷者が多く、18日には練習中に右足首を骨折した主将フィリップ・ラームの長期離脱が発表されたばかり。しかしグアルディオラ監督は「うちには素晴らしい選手がそろっている。離脱者の多さは言い訳にならない」と強調している。

シュバインシュタイガーはことし7月13日のW杯ブラジル大会決勝アルゼンチン戦を最後に、ひざのけがのため公式戦出場からは遠ざかっている。