定例会見コメントと先発予想

とのドルトムントは前節メンヘングラートバッハに勝ち、ようやく5戦続いた連敗を止めて降格圏から脱出した。それでもクロップ監督下では最悪のシーズン入り、今なお15位とまだまだ上位へ戻るには勝ち点が必要な状況だ。11月22日に行われる第12節では、敵地でパーダーボルンと対戦する。パーダーボルンは今季クラブ史上初めてブンデスリーガへ昇格したばかりだが、現在9位と大健闘を見せている。4季連続CL出場を果たしているドルトムントが本来の強さを見せられるか注目したい。

クロップ監督は試合前の定例会見で「自分たちで課題を大きくしてしまっている、それでもチャンスはあると思う。問題はどうやってプレーするかではなく、プレーの安定性にある。パーダーボルンは戦術、テンポ、アイディアのどれをとっても素晴らしい例」とコメントした。

欠場者 フメルス(足首じん帯損傷)、ソクラティス(腓骨骨折)、ブワシュチコフスキ(不調)、池東ウォン(半月板損傷)

先発予想 バイデンフェラー ー ピシュチェク、ズボティッチ、ギンター、ドゥルム ー ベンダー、ケール、ミキタリヤン、香川、ロイス ー オバメヤン