本拠でアウエ下す 山田はフル出場も無得点

ブンデスリーガ2部第14節3日目は11月23日、各地で3試合が行われ、のカールスルーエは本拠に降格圏のアウエを迎え、74分のPKによる1点を守り切って勝利した。山田は左MFでフル出場した。

カールスルーエ 1-0 アウエ公式記録

ここ4戦無敗のカールスルーエは開始3分にいきなり絶好機を迎えるが、ヘニングスのシュートはGKのファインセーブに阻まれる。直後の4分にはアウエMFノビコバスにエリア内への侵入を許しシュートを打たれるが、ここはGKオーリスハウゼンがきっちりと反応。ボール支配率で相手を上回り、ほぼ相手陣内でゲームを進めながらも、なかなか得点できない。結局スコアレスで前半を折り返すと、後半も開始早々にナザロフがゴールを狙うが、ボールはわずかに枠外。52分にはヘニングスが強烈なミドルシュートを放つも、GKにはじかれる。この直後、ゴール前のこぼれ球に合わせた山田のシュートはGK正面を突く。攻めながらも得点できず、我慢の時間が続くが、74分にPKを獲得するとナザロフが左隅にきっちり決めて待望の先制。ここからアウエも必死の反撃を仕掛けるが、カールスルーエは持ち前の堅守でゴールを許さず、連勝を挙げた。

山田の試合後インタビューへ