ドルトムントMF、ドイツ代表戦欠場

とが所属するドルトムントのMFマーコ・ロイスが11月10日、ブンデスリーガ第11節(9日)のボルシアMG戦で左足首を負傷したことが明らかになった。

ロイスは同日、ドルトムントの病院で診察を受けた。チームドクターのマークス・ブラウン博士の話によると、復帰まで2週間を要する見込み。

ロイスはドルトムントでリハビリを行うことになり、ドイツ代表として招集されていた14日のジブラルタル戦(欧州選手権予選)、18日のスペイン戦(国際親善試合)は欠場する。