酒井高のシュトゥットガルトDF、右足首じん帯負傷

シュトゥットガルトは11月9日、DFダニエル・シュバープが右足首外側じん帯部分断裂のため離脱すると発表した。シュバープは8日の第11節ブレーメン戦に先発したが、52分に競り合いの際に負傷。ピッチ外で治療を受けた後に一度は試合に戻ったが、65分に交代となっていた。欠場期間については明らかになっていない。