CLグループリーグ第4節ガラタサライ戦前日会見

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ(GL)第4節ガラタサライ(トルコ)戦を控えるとのドルトムントは11月3日、前日会見を行った。会見に出席したユルゲン・クロップ監督と主将ゼバスティアン・ケールは次のように語った。

クロップ監督 ガラタサライは強敵であり、あすの試合でグループ内での挽回を狙っている。勝ち点3を与えると先行きが分からない状況になってしまうので、敗戦だけは絶対に避けたい。相手のポゼッション時、 自分たちのポゼッション時の両面でプレーを改善する必要がある。相手はトルコリーグで勢いに乗っている状態にあり、自分たちはそれにうまく対処しなければならない。


ケール CLではこれまで素晴らしい結果を残してきているし、試合の内容も良い。その一方でブンデスリーガで得られた勝ち点はすごく少ない。なかなか経験したことがない状況ではあるが、あすの試合は楽しみにしている。成功体験を得られるチャンスだと考えている。