第10節ブレーメン戦で5戦ぶりゴールも逆転負け

11月1日に行われたブンデスリーガ第10節でマインツのは5試合ぶりとなるゴールを決め、チームに先制点をもたらしたが逆転で連敗となった。試合後、今季6点目を挙げた岡崎がインタビューに答えた。


――残念な結果に。

岡崎 そうですねえ。前半やってて絶対勝たなきゃいけないなって思ってたんですけど。まああの失点が痛かったなって。追加点取りたかったっていうのと、やっぱりいい時の自分たちの守備っていうのを90分間通してやらないと。ああやって簡単に点を取られてはキツイなと。

――集中力が続かない?

岡崎 そうですね・・・攻撃に行け行けってなってて、ああいうところでやられてしまうのは。取られた後に取り返すとか、基本的なところがまだまだ足りない部分も多かったんで、自分も含めてですけど、もっとクオリティーを上げないと。やっぱりもっと工夫していかないと点は取れないのかなあって思います。

――攻撃のバラエティが足りない?

岡崎 点を取るのにもうひと工夫、ふた工夫しないと。連敗してはいけないところでしてしまった。どこかでもう1回持ち直さないと。やっぱり(次節)レバークーゼンがすごく大事な試合になると思う。3連敗するとチーム的にもまたちょっと落ちていく風になっていくと思うんで、しっかりやらなきゃなと思います。

――負けてしまって悔しいとは思うが、先制点は素晴らしかった。振り返ってみてどう?

岡崎 きょうは全体的には体が動いてたんで。ああいうところで一発で抜いてシュートを打てるっていうのは良かったかな。何回かそれで抜く場面があったんで、そういうのを増やしてっていうのと、裏に抜けてからのクオリティーをもっと良くしていきたい。

――また次、頑張ってください。

岡崎 ここからまた。点を取れたので、個人的にはいい形で行けたと思ういます。やっぱり2点目、3点目がきょうは欲しかったかなと。きょうはチャンスがなかったけど、こじ開けるだけのものが欲しいですね。


マインツ対ブレーメンの試合記事へ
バイエルン対ドルトムントの試合記事へ
バイエルン対ドルトムントの試合後コメント集へ
第10節2日目試合結果一覧へ