内田、決勝点をアシスト

ブンデスリーガ第10節初日は10月31日に1試合が行われ、のシャルケはホームでアウクスブルクに1-0で勝利した。内田は右SBでフル出場し、37分には決勝点につながるアシストをマークした。

シャルケ 1-0 アウクスブルク公式記録

開始1分、MFドラクスラーが右太もも裏を痛めるアクシデントが発生。4分に同選手はオバジと交代し、シャルケベンチは序盤からドタバタに巻き込まれる。しかしピッチ上の選手たちは冷静にプレーし、ホームの後押しを受けながら試合を優勢に進めた。すると37分、自陣で内田がインターセプトし、一気にトップスピードへ。60m以上をドリブルで駆け上がり、中央へグラウンダーセンタリングを入れると、フンテラーがこれをゴールネットに沈めシャルケに待望の先制点が生まれる。後半は両チームともに中盤が間延びしたが、アウクスブルクにパスミスも多く、シャルケが押し気味に試合を展開。前半に挙げた1点を守り抜いたシャルケが勝利を飾った。