ドゥット氏を解任、後任はU23監督のスクリプニク氏

今季不振にあえぐブレーメンは10月25日、ロビン・ドゥット監督およびアシスタントコーチのダミア・ブリッチ氏の解任を発表した。後任はこれまでU23チームを率いていたビクトル・スクリプニク氏が務める。また、アシスタントコーチには元ドイツ代表トーステン・フリングス氏ら3名が就任する。

ブレーメンは今シーズンここまで未勝利の最下位と絶不調に陥り、前日24日に行われた第9節でも本拠でケルンに0-1の敗戦を喫し、クラブ幹部が指揮官交代に踏み切った。