CLグループリーグ第3節ガラタサライ戦前日会見

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ(GL)第3節ガラタサライ(トルコ)戦を控えるとのドルトムントは10月21日、前日会見を行った。会見にはユルゲン・クロップ監督、MFイルカイ・ギュンドアンが出席し、それぞれ次のように語った。

クロップ監督 この試合ではまさにうちが緊急に改善しなければならないことを求められる。チームがピッチ上でそれを体現し、それによって自信を取り戻すことに期待しているよ。ケルン戦の後、選手たちにはよりハッキリと明確に伝えた。今のところ、ふさわしくない状況でのオフサイドやゲーゲンプレッシングをしてしまっている。1分1秒のすべてを前へ行くためのサッカーに使いたい。CLならばなおさらだ。プレッシャーを受け止めて、そこからポジティブな結果を出したい。

MFギュンドアン 自分にとってはもちろんセンチメンタルな夜となるだろう。トルコのサッカーは追っているし。土曜日(第8節ケルン戦)は70~80分、とてもいい雰囲気でやれた。コンディション的にすごく満足。僕らはまずほかのチームを気にするのではなく、自分たちの形やゲームを再び見つけるべきだ。ここ最近の試合でどれだけミスから失点したかを見れば、それが自分らの課題だと分かる。十分なクオリティーは備わっているし、大切なのは全員で守り、よりコントロールすることだ。