ハノーファーはドルトムント下す

ブンデスリーガ第9節2日目は10月25日、下記の6試合が各地で行われた。

フランクフルト 4-5 シュトゥットガルト公式記録

シュトゥットガルトは敵地でとが所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦し、大逆転劇で今季2勝目を挙げた。21分、乾のCKからのこぼれ球をマードルングにボレーで決められ先制を許す。しかし34分、36分にハーニクの2発で逆転に成功。さらに51分には主将ゲントナーのゴールで3-1と突き放す。しかし57分、61分、65分と立て続けに失点を喫し再びリードを奪われる。ところがここから脅威の粘りを見せると81分、84分にそれぞれウェアナー、ゲントナーが決めて再逆転、壮絶な打ち合いの末に勝ち点3を獲得した。日本人3選手はいずれも先発し、酒井は61分に交代、乾は先制弾の起点となるCKを蹴ったが前半45分間のみの出場となった。長谷部はフル出場した。


ヘルタ 3-0 ハンブルク公式記録

とが所属するヘルタ・ベルリンは本拠にハンブルガーSVを迎え、3発快勝で今季3勝目を挙げた。細貝はフル出場し2点に絡む活躍、原口はベンチ入りしたが出場機会はなかった。(この試合の詳細記事へ


ドルトムント 0-1 ハノーファー公式記録

香川真司丸岡満ドルトムントは本拠で酒井宏樹清武弘嗣ハノーファーと対戦し、清武の先制ゴールが決勝点となり勝利した。香川はベンチスタートで66分から途中出場、丸岡はベンチ外、清武は先発し73分までプレー。酒井は太もも負傷のため欠場した。(この試合の詳細記事へ


レーバークーゼン 1-0 シャルケ公式記録

内田篤人シャルケは敵地でレーバークーゼンに0-1で敗れた。内田は右SBでフル出場した。53分、ジャルハノーウルにFKで直接決められて失点。内田もドラクスラー、フンテラーと共に積極的に攻め上がり、クロスを上げるなどしてチャンスを演出したが、結局点が奪えないまま敗戦となった。


アウクスブルク 2-0 フライブルク公式記録

下位アウクスブルクは降格圏フライブルクと本拠で対戦し、開始11分にフェアハークが先制点を決めるとペースをつかみ、66分にも追加点を挙げ2-0で会対決を制した。


ホッフェンハイム 1-0 パーダーボルン公式記録

前節、フランクフルトに逆転勝利を収めた昇格組パーダーボルンは敵地でホッフェンハイムに敗れ、連勝はならなかった。序盤から激しい攻防戦を繰り広げ、前半をスコアレスで折り返したが、73分にフォラントにゴールを奪われ先制を許す。ここから追いつくことはできずに黒星となった。