第8節マインツ対アウクスブルク試合後インタビュー

10月18日に行われたブンデスリーガ第8節で、のマインツは本拠でアウクスブルクと対戦し、2-1で勝った。試合後、岡崎がインタビューに答えた。

――きょうの試合は。

岡崎 勝って良かったって感じですね。きょうは自分にあんまりチャンスもなかったし。アウクスブルクが守備が堅いのは知ってたんで、ワンチャンスで決められればいいかなと思ってたんですけど。まあ相手がミスしてくれて良かったっていう感じはあった。チームとしては、うまく戦えてた部分もあるし、攻撃はちょっとダラダラとサッカーやってた感じで、うまくいってない時が多かった気がします。まあ、相手に助けられたところもあります、きょうは。

――起点になった2点目は少ないチャンスが得点になった。

岡崎 そうですねえ。ハイロがよく決めたなって感じがしますけど。まあきょうは起点になれたことが多かったんで。ゴールも決められれば最高だったんですけど。まあ、勝つことが最低条件なんで、勝てたことが一番良かったです。

――後半はいいカウンターだけどフィニッシュが・・・ということが多かった。

岡崎 そうですね。前までなかなか・・・(ゴール前で)3人相手に決めるのはけっこう至難の業っていうか(笑)。まあでも、それでも決められるようになったらこのチームにとっては大きいかなって。3人ぐらいで攻めて(点を)取ってしまえば、リスクも冒さずにゴールを決められるんで。これからは狙わないと、こういう試合ばかりになってくると思うし。自分が引きつけて、最後自分が点を取る場所に来るっていうのが理想ですね。いやー、なんか、決める感じがしなかったですね、きょうは。

――(代表戦帰りで)疲れているわりにはよく最後まで走っていた。

岡崎 うーん、まあ、要所要所でっていう感じですね、きょうは。もう足が動かなかったですね(笑)。とは言ってもそんなのは普通のことで。やっぱり、ここで5点で止まってしまったらイヤだし、自分も。なんとかここからもう1回点を取り出したいなって。ま、チームが勝つのが一番なんで、それに貢献できたことが一番良かったですね、きょうは。


マインツ対アウクスブルクの試合記事へ
酒井宏樹試合後インタビューへ
第8節初日 試合結果一覧
シャルケ対ヘルタの試合記事へ