ブンデスリーガ第7節終了までの各種ポジション別記録(7)

ブンデスリーガ2014/15シーズンは10月3日~5日に行われた第7節を以って中断期間に突入した。首位に君臨するのはバイエルン・ミュンヘン。日本人選手所属クラブでは、のシャルケやとのドルトムントが不振にあえぐ。その一方で、のマインツが上位に食い込んでいる。ブンデスリーガ公式サイトでは、波乱が予想される今季リーグ戦におけるこれまでの各種記録をグラフィックで紹介していく。ゴールとアシストを合計したポジション別のトップスコアラーは、バイエルンのレバンドフスキが4ゴール2アシストで全ポジションの中でもトップ。5ゴールをマークしている岡崎はFW陣の中で2位タイとなっている。