第7節ボルシアMG対マインツ 試合後インタビュー

10月5日に行われたブンデスリーガ第7節で、のマインツは敵地でメンヘングラートバッハと1-1で引き分けた。2試合ぶりに出場した岡崎は試合後インタビューに答えた。

――きょうの試合はどうでしたか?

岡崎 疲れました。低かったっすね、位置が。

――狙いとしては引き分けでしたか?

岡崎 途中からは引き分け狙いでしたね、完全に、みんな。相手のポゼッションがうまくいきすぎて、ずるずるいくしかなかったという感じでしたね。

――勝ち点1取って、とりあえずホッとしてる?

岡崎 そうですねえ、ホッとっていうか・・・自分はもっとチャンス欲しかったけど、きょうはしょうがなかったかなあって。

――木曜から復帰した? けっこう腫れがひどかった?

岡崎 はい、腫れがひどくて、けっこう痛くて。ホントに水曜ぐらいまではできるんかなあって感じで。木曜に完全に腫れが引いて痛みが引いたんで。

――PKは蹴りたかったっていう気持ちは?

岡崎 いや、全然ないです。ヨナス(ホーフマン)が蹴ってたんで、先週から。まあ、PK蹴らずにゴールを決めるっていうのは、一つの自分の価値でもあるんで。ま、アシストが僕あんまりないから、せめてPK取ったときはだれかに蹴ってもらいたいって思ってるんで。

――それがアシストというか・・・

岡崎 ま、こっちではアシストになるみたいなんで。まあ、いつもそういう理由で蹴らないんで。代表のときもそうですし。ほかのヤツが蹴って、まあ、アシストがつくなり、そういうとこで貢献できれば。

――優しいですね。

岡崎 優しいというか、ただ根性なしなとこもあるし。蹴りたくないっていう気持ちもあるし。PK戦あったら蹴らないし。

――代表戦はどういう気持で。

岡崎 強い相手2チームなんで、やっぱりまだ勝ってないし。自分も1トップとして見られてると思うんで、やっぱりきょうみたいな試合じゃなくて、もっと自分が、まあ躍動っていうか、自分の良さが出せるようにしたいし、チームを助けれるようにしたいなと思います。

メンヘングラートバッハ対マインツの試合記事へ