敵地でアウクスブルクに敗戦

ブンデスリーガ第6節最終日は9月28日に各地で2試合が行われ、 とが所属するヘルタ・ベルリンは敵地でアウクスブルクと対戦し0-1で敗れた。細貝は守備的MFでフル出場、原口は左MFで先発し69分に交代した。

ヘルタ 0-1 アウクスブルク公式記録

前節、ウォルフスブルクを下してようやく初勝利を挙げたヘルタ。連勝で勢いに乗りたいところだが、アウェーで迎えたこの試合は序盤から主導権を握られる。なかなか前へボールを運べず、27分にはGKクラフトが不用意なファウルでPKを与え、フェアハークにこれを沈められると先制を許した。今季4試合目の出場となった原口は、絶妙なスルーパスなどチームメートとのいいコンビネーションも見せ、自らゴールも狙っていく。前半ロスタイムのピンチはクラフトのファインセーブで逃れ、0-0で前半終了となる。後半も流れを変えることができないまま時間は経過。ルフカイ監督は69分に原口、ハイティンハを下げシュトッカー、シーバーをピッチへ送り出し打開を図る。しかし最後までゴールを奪うことはできず、3敗目を喫した。

細貝萌試合後インタビューへ
ハンブルク対フランクフルトの試合記事へ