シュトゥットガルト、2点リード守れず

ブンデスリーガ第5節最終日は9月24日に各地で5試合が行われ、とが所属するドルトムントはホームでのシュトゥットガルトと対戦し、2−2で引き分けた。香川はトップ下で、酒井は左SBでフル出場。丸岡はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

ドルトムント 2-2 シュトゥットガルト公式記録

ドルトムントは細かいパスを前線でつないで相手ゴールに襲いかかるが、粘り強いシュトゥットガルトの守りを崩せない。33分、ピシュチェクからのパスを香川が胸でトラップし右足でシュートを放つが、惜しくもクロスバーに阻まれる。前半終了間際には、香川からのパスをオバメヤンが頭で合わせるがジャストミートせず、勝負は後半に持ち越された。後半開始早々、ドルトムントはディダビに決められ先制される。68分には再びディダビに得点を許しリードを広げられるが、本拠ファンの後押しを受け、73分にボールを奪ったピシュチェクからのパスをオバメヤンが決めて1点差に迫る。さらに86分にはシュメルツァーのCKをインモービレが押し込み、同点に追いついたが反撃もここまで。2−2で勝ち点を分け、ドルトムントは連敗を回避。一方のシュトゥットガルトは今季初勝利を逃した。

ヘルタ対ウォルフスブルクの試合記事へ
第5節最終日の結果一覧